ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

電磁戦隊メガレンジャー 第17話感想

電磁戦隊メガレンジャー』の感想。

 那須高原りんどう湖ファミリー牧場へ修学旅行に向かう一行ということで、定番タイアップ。

 せっかくの修学旅行をドジの連続でトラブル続きにしてしまうみく。そんな中、すごく絶妙なタイミングでりんどう湖がネジレ獣・ガマネジレの産卵場として使われてしまう。

 ガマネジレの成長促進剤を浴びたことで脳が活性化し「スーパーみく」となるみくの頼もしさに、一同は喜ぶが、成長促進剤は副作用を持っていた。みくは命の危険を悟りながらも、ガマネジレの持つ退化剤で元に戻ることを恐れ、出撃をためらってしまう。

 タイアップなのでコメディタッチの軽いエピソードが展開される(実際、IQ800とかテニスとかは、完全にギャグの調子)かと思いきや、みくのキャラ付とメンバー(千里)の友情に踏み込んで意外にもシリアスに展開。

 まあ2年前(『オーレンジャー』)もこの時期のタイアップでものすごい内容が展開されていたので、タイアップだから軽いコメディとはならないのが分かり切ってはいますが。

 「あたしもみんなも、みくに振り回されることはあったけど、だからって、みくが嫌だなんて思ったことなんかない! だってそうでしょ?! スーパーであろうとなかろうと、みくはみくじゃない! 無理して背伸びしなくたって、私たちは友達じゃない!」

 気のせいかな 手首にぬくもりを感じるのは

 気のせいかな お前をすぐそばに感じるのは

 EDがこういう使い方されるとは思いませんでしたが、場面と歌詞の内容がマッチしていて、定番だけど秀逸な演出。

 最終的にガマネジレを倒したことで、みくは元に戻り、いつも通りにドジを踏んでしまうというオチ。

 ネタとしては定番もいいところだし、副作用の内容が頭を抱える程度でもう一つピンとこなかったのと、退化剤の扱いが雑(受けたクネクネが幼児退行を起こしているもののわかりにくく、またガマネジレを倒すと特に退化剤を受けた映像もないのに治ってしまう)なのが気になりましたが、話そのものは悪くなくまとまっていました。

 次回、修学旅行、後編。