読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

キラキラ☆プリキュアアラモード 第12話感想

キラキラ☆プリキュアアラモード』の感想。

 スイーツフェスティバルの結果、大繁盛のパティスリーでプリキュアのうわさを聞くいちかたち。いちかが自慢しようとするも、全員阻止。

 プリキュアの正体がばれると能力を失うとか災いが起こるとかそういう積極的デメリットは無いので、注目されると恥ずかしいとか周囲の人々を巻き込むとかそれぞれが理由を述べるのですが、全部ひっくるめてゆかりの

 「めんどくさい」

 で片付いてしまうという暴挙(笑)

 翌日、いちかのクラスに転校生・黒樹リオが現れ、端麗な容姿と爽やかな性格から早くも男女問わず人気者に。

 いちかとひまりは異性としてリオに興味を抱く様子がありませんが、いちかのストライクゾーンはちょっと年上の宝塚系王子様で、ひまりは髭の似合うダンディーなため、そこにはあまり違和感がない(笑)

 パティスリーで洗脳されていた妖精をスイーツで懐柔と和解し、黒幕の存在を知るいちかたちだが、その一方で街中ではジュリオが人を襲いキラキラルを奪う事件が発生。

 ジュリオに操られていた妖精はスイーツを知らないまま森の中で住んでいたような映像なのですが、ペコリンたちのコミュニティとか、どうも本作の妖精の設定が分かりにくくなってきて、困った内容(^^;

 翌日、クラスメイトりさの提案したカップケーキを新作スイーツとするべく、りさとリオをパティスリーに招待するいちか。

 予告でリオに対抗心を燃やしていたゆかり、本編では少々怪しむ程度。

 天才としてのプライドはあるものの、人との競争はあまり意識していないこれまでのゆかりから考えたら予告の方が違和感ある内容だったのですが、ゆかり「だけ」怪しむ一方でメタ的な視点以外に怪しい要素が見えてこないのは、ゆかりの天才設定に描写を乗せ過ぎた感じでどうしたものかと。

 まあ光源無視して四六時中顔に影を落とせる人間は怪しいかもしれませんが!(そういう演出なのはわかりますが、ちょっと露骨すぎた印象)

 スイーツづくりは苦手というリオは、トッピング用クリームの泡立てでいちかを指導し、過去にスイーツがらみで何かあったことを匂わせる描写。

 完成したカップケーキを塾に行く前にリオの勧めで食べてしまうりさは、正体を現したジュリオに襲われ、体内で増幅したキラキラルを奪われてしまう。その時悲鳴を聞いたいちかが、プリキュアに変身してかけつける!

 「実験」と称してキラキラルを操り、黒い剣に作り変えて向かってくるジュリオにロッドで応戦するプリキュア達。山場だったはずの前回以上に動いている気がする戦闘シーンの末、キュアホイップはリオから教わった泡立て方を応用して対抗、ジュリオを退けることに成功。

 ここまでいちかの性質は「失敗を転換する」ことにあると思っていたのですが、今回はリオから教えてもらったことを自分の力にするという形で、むしろ「学習能力が高い」と「経験したことについて応用を効かせることに長けている」といった印象に。ジュリオ(悪)の側からして見ればいちかを手助けして強くしてしまったことは「失敗」と言えるのですが、あまり強調はされず。

 ジュリオはこの行動からキュアホイップの正体に感づき、一方いちかはジュリオ=リオであることは知らないままという認識のすれ違いが発生するのですが、この辺りがどう転がされるか。

 対決の相手がジュリオだけとなり、今後は武器のキラキラルを浄化してもとに戻す(ついでに襲われた人が助かる)というスタイルが基本フォーマットになりそうですが、これで1クール続けていくと思うと、早いうちにマンネリ化しそうなのが少々不安。

 そして、途中で襲われた男性(3組のサイトウの兄)は完全に放置。

 この事件についていちかは噂を小耳にはさみつつ、その噂の中で「そういう事件はプリキュアに任せよう」という認識が生徒の中で出来上がりつつある、というのを意図的に仕込んでいると思われます。

 本作、プリキュアは明確に悪と対決するヒーローとして最初から決まっているのではなく、あくまで「力を扱える+人々を傷つけるのは許せない=だから個人的にヒーロー活動する」になっているのですが、今回いちかは事件の発生を知りながらその部分に手を届かせていないわけで、新しい爆弾が放り込まれた予感が。

 エピソード単体で悪い内容ではないですが、あからさまに新展開のつなぎといった気配が強く、保留にしておくべき事項が多いので今どうとかいいにくいのが、個人的にモヤモヤした回(^^; アニメを見るときに深読みして考え過ぎなのかもしれませんが、どう転がっていくのかは引き続き期待。

 これからしばらく個人回が続きそうですが、次回、ひまりのリポーターデビュー。