読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

電磁戦隊メガレンジャー 第20話感想

電磁戦隊メガレンジャー』の感想。

 新しいメカが作られたことで招集されるメガレンジャーだが、肝心のメインプログラムは未完成。そこに現れたチーフエンジニアの川崎省吾が、メガレンジャーによるギャラクシーメガの扱いに不満を漏らして健太と衝突。

 省吾を演じるのは『ブルースワット』でセイジを演じていた田中優樹ですが、いかにもインドア派理系オタクの印象だったセイジと対照的にガラが悪く、言われないと同一人物とは思えません(笑)

 新装備デルタメガのメインプログラムを担当するのはロボット工学の権威でもある省吾の父・川崎博士(演じるは『ウルトラマンレオ』ブラック指令の大林丈史さん)だが、交換条件に省吾を地球に帰すことを提示しており、そのことで省吾は不満を抱いている、と知った健太は説得のため共に川崎博士を訪ねる。

 「父の決めた道に縛られたくない」という省吾と「息子を戦場に送り出したくない」という川崎博士の親子ドラマはあまりにも定番なのですが、解決策がメガレッドの恐れを知らないスタンス+メガレンジャーに協力しないともっと被害がデカくなるという説得で、省吾の想いは全然生きていません(^^;

 省吾の職場は戦闘機能を有する合体ロボのパーツ(というか本体)なので、戦艦に息子を送り込むと考えるとそれは親として拒絶したくなるのはわかりますが、兎に角個々の要素の扱いが雑で、ドラマの軸がどこにあるのかあやふやになってしまっています。

 そもそも「いくら親でも子供の人生を勝手に決めて良いはずがない」って怒りを見せるのが健太でいいのか、そこも微妙なところなのですが。

 今後の伏線の可能性はありますが、ここまでメガレンジャーの家族が耕一郎の写真でしか描写されてないので、そういうエピソードを持ち込むのには誰がやっても説得力に欠けるのですけど(しいて言えば、耕一郎は疑いを持たないのだろうなあ、ぐらい)。

 ギレールの改造したワニネジレは分裂してギャラクシーメガを追い詰め、バトルライザーで操縦可能なデルタメガを動かすためメガレッドは宇宙のドックに移動。

 デルタメガはプログラムのディスク差し込み口が二つあって間違うと自爆プログラムが作動するという仕掛けになっていますが、誰が何のためにこんな仕掛けを入れた?!

 一か八かで入れたら正解だったという話で全然ドラマにも関係なく、本当になんだこの仕掛け(^^; 今回ギレールの目的は制御プログラム奪取でしたが、デルタメガの奪取までは及んでおらず、仮にデルタメガのコントロールを奪われた場合のセキュリティにしても無茶が過ぎます。

 デルタメガが作動するとワニネジレは両手のバルカンとギャラクシーメガの射撃にハチの巣とされあっさり撃破。省吾は正面からしか傷を受けないギャラクシーメガの状態からメガレンジャーの戦士としての意識を認め、何故かトランペットを吹く久保田博士が格好よく締め。

 新メカ登場回ですが、話が単に面白くない、敵も面白くない、戦闘もバルカンの映像は微妙で、まるっきり面白くありませんでした(^^;

 次回、さっそく乗っ取られる。