ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

電磁戦隊メガレンジャー 第22話感想

電磁戦隊メガレンジャー』の感想。

 星占いでうお座おとめ座の相性ばっちりと確認したみくはおとめ座の瞬にアプローチをかけるが、瞬はそっけない態度。そこにネジレ獣出現。空間を捻じ曲げて違う場所をつなげるアリジゴクネジレの作戦は本部から渡されたネジレクリスタルの装着で完成するはずだったが、メガピンクがクリスタルを奪う。しかし、ブルーとピンクが別の場所へ飛ばされてしまう!

 瞬とみくが各地をワープしながらドタバタ展開と言う、簡単に言えば東映名物の魔空空間

 『ギャバン』などは主演俳優がアクションできるので、派手なアクションを披露して楽しませるのですが、本作はアクションではなく巻き込まれた二人組の逃避行+ちょっとロマンスというかラブコメ、で見せる方向。人工呼吸直前で目を覚ますみくとか、脚本の趣味なのか監督の趣味なのか(笑)

 エピソード内容そのものは可も不可もなくって印象でしたが、ワープ後も地上のはずなのにインストールできないのは不可解で、その後ギャラクシーメガのワープ後にデルタメガの呼び出しはできるというさらなる謎。そこが一貫していないと、逃避行の部分がまるっきり成立しなくなってしまうのですが(^^;

 正直、瞬とみくのラブコメ展開といっても、この両者の関係の積み重ねが生きている作劇ではない(みくと瞬が絡んだのがそもそも10話と16話でやんわりと、ぐらい)ので今回のドラマ面がピンとこないのですが、みくのピンチにバイクで突っ込んでくる瞬→後ろにみくを乗せて脱出は、面白かったです(笑)

 なお、アリジゴクネジレはワープ後にクリスタルを持つ瞬とみくをメガレンジャーと関連付けられないなど、頭の方がすごく残念。

 次回、ペットは怪獣。