ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

超人バロム・1 29・30話感想

『超人バロム・1』の感想。

29話

 このドラマにでてくるドルゲはかくうのものでじっさいのひととはかんけいありません

 バロム・1を話題にするとほぼ確実にセットでついてくる「ドルゲくん事件」の影響ということで、「この物語はフィクションです」のはしりとなった文章が今回から追加。

 子供でも読めるようにという配慮か漢字はいっさい使われませんが、無音で黒地に白の字がずらっと浮かぶ画面は、何とも言えない怖さを感じるところがあって、当時の子供にはトラウマだったのではないだろうかと余計なことを考えたり。

 今回のサブタイトルで「ドルゲ菌」なるものが出されて、そりゃ配慮するよなあと思わないでもない(実際の劇中では「ウロコ菌」)

 内容としては、完全に振り落とされましたが(^^;

 空から降ってきた隕石に名前を付けようとする猛&健太郎のコンビとか、隕石から生まれたウロコルゲによって大けがを負ったカオルちゃんを元気づけるために無理矢理外へ連れ出してウロコルゲとバロム・1の対決を見せる松五郎とか、その後水が危険と聞いてビールを飲んで酔っ払う松五郎とか、ツッコミが追い付きません。

 バロム・1の敗北でカオルは却って症状を悪化させ、バロム・1はそれを見かねて特訓……ますますバロムクロス後の二人の人格がどこへ行ったのやらって話だし、特訓の成果も今一つ活かされていないような描写だしで、どういう意図の話だったのか。

30話

 作業員がドルゲ魔人ハサミルゲに襲われ、毒の泡で殺される事件が発生。これに調査のため乗り出す木戸刑事&白鳥デスクという、それに集中するだけでお話が作れそうなサスペンス展開なのですが、基本的にこの二人は話の外に外れてしまっており、活かされず。

 両者の関係を積極的に描こうとするのは滝沢さんの意識があったのかもと思いますが(白鳥デスクが健太郎を監禁したのも滝沢さんの脚本)、健太郎と猛は例によって例のごとく二人だけでドルゲ魔人を調査するし、設定変更の影響でこの親の関係のすれ違いが作劇に影響を及ぼさなくなってきているし、困ったところ。

 「少年二人が合体するヒーロー」としてのメリット・デメリットがいつの間にか埋もれてしまい、一方で「完全に一人のヒーローとして認知度が上がったバロム・1」だけが固まってしまっている現状では、変身者の周囲の関係をどれほど強調してもさして面白くできない、といった形で本作の路線変更の問題点を思いっきり叩きつけられた印象になってしまいました。

 猛たちは木戸刑事他の言葉から多摩川周辺を探るが、そこで写生を行っている子供たちと先生を誘拐するハサミルゲ。

 根城とする屋敷には過去に倒されたドルゲ魔人の剥製で、ここで再度の再生怪人軍団か? と思ったらただアントマンが化けていただけ(^^; 当初はそういう構想だったのかもしれませんが。

 先生はバロム・1を呼び出せば子供たちは助けると言われ、やむなくバロム・1を呼ぶことに。現れたバロム・1を不意打ちしようとするハサミルゲだが、先生が注意したために不意打ち失敗、あっさり倒される。先生はバロム・1を怪人に売った自分を恥じるが、バロム・1は先生の力で助けられたと励ますのであった……って、そういう話にしたかったのか今回。

 毎度毎度、滝沢脚本回は持ち込んだアイディアを一個に絞って、それに集中したら面白くなるんじゃないかと思ってしまうのですが、何故だろう(^^;