ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

ビーロボカブタック 29・30話感想

ビーロボカブタック』の感想。

29話

 前回シリアスな感じで引いたのに、理科係なる謎の係に選任される譲とか唐突に明かされるトビマスカイ=3号機とか、ゆるーく進行(^^;

 ビーロボが全員そろったところで、ビーロボの紹介と集まったスターピースの願いを映像付きで説明していく総集編。

 「コブランダーは人間社会を支配するのが目的」であることが改めて説明されるのですが、最近モドキを使った金儲けばっかりやっていたので、すっかりその設定忘れていました(^^;

 そして何故かキャプテントンボーグの変装シリーズまで総集編(笑)

 高円寺博士が帰ってくるというゲロタンの言葉を受けて準備する譲だが、蔵之助のローラースケートがスターピースで暴走し、それをめぐってダンゴロン&シャークラーと対決。勝負はサイコロで、カブタックは2を出し、ダンゴロンは6で喜んでいたところ突風により1で敗北。

 その後、ゲロタンに高円寺博士からスターピースに関する新発見があったため帰れなくなったと通信が入り、譲たちはスターピースの願いで高円寺博士を一時的に召喚し会話。ダンゴロンに隠されたスターピースはシャークラーの強化のために使われたもので、博士はシャークラーに対抗するべく次のスターピースはカブタックの強化に使うよう譲に告げる。

 博士が使ったスターピースの願いの正体という伏線が回収されましたが、シャークラーの戦闘能力を過剰に上げている理由はいまだ不明。その点も伏線になりそうなのと、スターピースを今も求めている理由はシャークラーを生み出したことに対する贖罪とも取れる内容で、ここまでどうしようもなくダメ人間だった高円寺博士は多少好感度アップ。

 まあ、ゲロタンから連絡が取れないようにしている割に専用の装置でビーロボの現況を監視できるようにしていると思われる描写で、未だ危険人物の気配が拭えませんが(^^;

30話

 回想より、シャークラーとコブランダーはかつてテストバトルでシャークラー側が勝利し、その際過剰に痛めつけたために博士に制裁されたこと、そのことをきっかけに博士に反発しようとするが、返り討ちに遭って額の傷がつき封印され、シャークラーが博士を憎む理由が判明。

 これまで間抜けではあるが悪役であるのは間違いないコブランダーはシャークラー登場で徐々に立ち位置が変化しつつあるわけですが、高円寺博士は回想でコブランダーに対し優しく諭すような口ぶり。

 コブランダーを修理している姿を見るとビーロボに親として愛情を注いでいると見れなくもないのですが、本来の家族(高円寺家)は孫に対して未来のメッセージを残したものの基本的に顧みてないし、「シャークラーは私がプログラムした以上に人間社会の歪みを学習してしまったようだ」というセリフはどこか自分が生み出したものの行く末に対する無責任さがあり、相変わらず「親」としてはどうにも評価しづらい人です(^^;

 シャークラーは今度は別口からカブタックを攻めようとするが、クワジーロには拒絶され、その後現れるガニラン&スパイドンをそれぞれの特技で打ち負かした上に買収。過去の敗北に仲間を奪われた屈辱と、スパイドン達に知られている失恋のトラウマをほじくり返されるコブランダーは、孤立。

 本作、世界観が不思議コメディに近いところを走る関係で、ロボットが人間に恋してもおかしくないようにはできているのですが、コブランダーがそれをやってもシリアスな話としてすんなり飲み込みにくいのが困ります(笑)

 一方シャークラーに勝つべく特訓を重ねたカブタックは、ポップコーン製造機にとりついたスターピースを手に入れようとして、現れたシャークラーwithガニラン・スパイドンと対決。プロレスでの勝負となるが、1対3の圧倒的不利な状況。

 「俺が助っ人になる」

 「コブランダー?!」

 「スターピースはいらねえ。俺はこいつらに、俺の方がシャークラーより強いことを見せてえんだ!」

 団結に必要なのは、共通の敵!

 流石にコブランダーの戦闘能力はガニラン・スパイドンを圧倒するが、シャークラーには届かず。やむなくコブランダーはカブタックにタッチし、カブタックがシャークラーと対決するが、リングアウトしてシャークラーの得意フィールドである水中戦に持ち込まれピンチ。そこにゲロタンが、前回ラストで示された強化パーツ「ザブットパーツ」を持って駆けつけた。

 わかりやすくザブットパーツで逆転してしまうのですが、途中のカブタックの特訓とかコブランダーとの一時的団結とか、いったいなんだったのか(^^; そして散々持ち上げられたシャークラーもあっさり土がついてしまうことに。

 コブランダーはスターピースを奪おうとするもやはりモドキで、結局シャークラーから再び鞍替えしてきたガニランとスパイドンを伴って去っていくのであった。

 ひと悶着した末に元のさやに納まり、コブランダーはシャークラーと違う立ち位置にいることを明確にしてきたのは良かったところ。