ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

電磁戦隊メガレンジャー第43話感想

電磁戦隊メガレンジャー』の感想。

 メガボイジャー捕獲の戦果をヒネラーに報告しようとしたところ、シボレナとヒネラーの会話から、メガレンジャー撃破と共に自分が死ぬことを知ってしまうネジレッド。

 「俺は死にたくない……俺は戦う! 戦って、メガレンジャーを倒す! そして、栄光の戦士として生き続けていくのだ!」

 いきなり「栄光の戦士」なる単語が飛び出し、「え、君そういう奴なの?」って困惑(^^;

 メガボイジャーを囮にメガレンジャーを誘いだし、奪還させたと見せかけてメガボイジャーをネジイエローがハッキングすることで操り一転してピンチに追い込む。……罠だと警戒してたのに、ソフト面の問題完全スルーでボイジャーマシンに乗れたら解決すると思い込んでいたメガレンジャー、流石に間抜けではないか。

 勝利を確信したネジレッドは、帰還してヒネラーに刃を突き付け、永遠の命を要求。

 ヒネラーの反応から最終局面の伏線のように見えますが、栄光の戦士→永遠の命、のいきなり二連続で、ネジレッドの頭についていけません。

 あっさり返り討ちにあって再洗脳されたネジレッド、メガレッドを引きずり出して決戦を挑むが、そこに空から現れたのは、久保田博士の操縦するギャラクシーメガ

 ギャラクシーメガにレッドが乗り、ギャラクシーメガのエネルギーを注入してネジイエローを追い払うという荒療治のためとして、ギャラクシーメガVSメガボイジャーの構図に。しかし、暴走するネジレッド(ネジファントム)の攻撃でネジイエローが追い出され、残る二人もあっさり洗脳。

 話の流れはともかく、ロボット4機と巨大な怪人3体の対決で、クリスマス商戦見越してか豪華な映像に。

 ネジレンジャー三人のエネルギーが最大になるまで耐え、最大になったところを攻撃し一気にカタをつける作戦を実行するべく、フォーメーションを組むロボットたち。エネルギーを急速に消耗するネジレンジャーにヒネラーは歓喜の笑いを上げ、そしてとうとう、全エネルギーを奪われたジャビウスが砕け散る。その時、ネジレンジャーのエネルギーも最大に達し、ボイジャースパルタンのフルエネルギーで撃破されるのであった。

 ジャビウス1世、結局目玉だけしか出番がなく(というか目玉だけの生き物?)、今一つどういう存在かわからないままクーデターにより死亡。

 ネジレンジャーも退場となりましたが、終始クーデターのための捨て駒として扱っていたのは一貫しつつも、ライバルキャラとしての面白味や個々のキャラクター性はさっぱり定まらず、最後までどうにも物足りない敵キャラとなってしまいました。

 ヒネラーのクーデターは成功するが、要塞が突然揺れ動き、どこかへ向かうヒネラー。一方メガレンジャーは、久保田博士の助力もあって部室で華やかなクリスマス会を開くのであった。

 なんだかんだ、途中の巨大戦はロボット勢揃いの豪華さでテンションが上がりましたが、話としては大きく動いた割に微妙(^^; ネジレンジャーの敵キャラとしての面白くなさが、とにかく悪い方向に傾いた印象。

 敵勢力に大きな変化が生まれ、いよいよ物語がクライマックスの空気を醸し出したところで、次回、年始のゆるい雰囲気の箸休め回?