ぼんやりと特撮・アニメなど

特撮やアニメの感想を適当に投げるブログ つぶやき → https://twitter.com/wayohmugen 某mugen製作 →https://onedrive.live.com/?id=3AB66F1D6B2F66E4%21139&cid=3AB66F1D6B2F66E4

テツワン探偵ロボタック 9・10話感想

テツワン探偵ロボタック』の感想。

9話

 次のなぞなぞコンパスが示すのは「カラスとカメ、どっちが上か」という内容。「カメ」の字が青かったことからカメロックとダークローがどちらが優れているかの勝負という流れに。

 一方、シャードック探偵社には飼っているミドリガメを探してほしいという依頼が花屋の店員カスミを通じて入ってくるが、依頼者が少女で依頼料153円と知るなりカスミを怒鳴りつけてパチンコに繰り出す、相変わらずの最低ぶりな杉探偵(^^;

 1話以来の登場となるカスミですが、こういう依頼を真剣に持ち込んでしまう辺りとか、こっちもこっちでどうなのか。

 カメの話なのでカメロックに頼みたい少女ユキだが、カメロックは勝負ばかり考えてそれどころでなく、対するダークローも三年前の長老の誕生日パーティでの失態からカメロックを逆恨みしていたのであった。

 二人がわんこそば対決や街中人気投票などみみっちい小競り合いを続ける中、ロボタックは真剣にユキと向き合い、一緒にカメ探し。その過程でなぞなぞコンパスの答えを知る。

 カメロックとダークローの直接対決はジシャックチェンジでの喧嘩になるが、ユキのカメがその中に巻き込まれており、カメロックがそれを庇ったために敗北。しかし、なぞなぞの答えは実は近くにある二つの山の名前であり、その高い方が「黒烏山」だったというもので、ロボタックがシュビドゥバッジ入手。

 対決は缶を高く積み上げた者の勝ちで、ロボタックはキャタツのアドバンテージを得られたが、カメを助けられたお礼にユキから応援されるカメロックのためロボタックは自らのバッテリーを与え、カメラズーカで空を飛んで積んだカメロックの勝利。

 つまらない意地のために本当に重要なことを忘れかけていたカメロックが、改めてそれを掴み直すという流れですが、そこに至るための肝心のロボタックとユキの扱いがかなり適当(^^;

10話

 そんな風に一応は格好よく収まったカメロックなのに、浮かれて酒に酔ってたらなぞなぞコンパスを盗まれた。

 しかも、その犯人が怪盗チェリー関係でヤケ酒に走っていた杉探偵だった。

 ……もう少し、マシな導入を考えられなかったのでしょうか(^^;

 ヤケ酒で両親からカケルへのプレゼントを壊してしまうなどどん底レベルまで最低の大人を地で行く杉探偵だが、親族だけに縁を切るわけにもいかないとまでカケルが追い詰められていることにさすがに危惧を抱き、やけ酒に酔う唐松刑事が持ってきて忘れていった怪盗チェリーの遺留品ハイヒールを使って捜査に乗り出す。

 きっと怪盗チェリーを助ければカケルも認めてくれると下心丸だしな杉探偵の調査法、道行く女性にハイヒールを履かせて検証という、徹底的なレベルでダメダメで、ビンタや蹴りやソフトクリーム顔面ヒットなどの大ダメージ。

 その靴を履いたものは、シンデ・レーラに呪われーる!(それは違う作品です)

 挙句、桜子に履かせようとして投げ捨てられ、車に轢かれて砕ける遺留品と、駄目のロイヤルストレートフラッシュまでいきそうなレベルで裏目(^^;

 なぞなぞコンパスはまさかのカボチャで、ここから連想ゲーム的にハロウィン→日付の数字の番地→そこに新出(しんで)さんがいる→シンデレラ、と続けていった結果、シンデレラは魔法でカボチャを馬車にしてもらった→カボチャそのものがコンパスであることに気付けるかどうかだった、というオチ。

 リヤカーを引く対決で、今回はアドバンテージなし。監視者を止めた上でのダークローの妨害でリヤカー側のコータとシゲルが落ちたカメロック、ミミーナが迫ると棄権(笑)

 残されたロボタック&カケル&ミサキと戦うダークロー&カバドスは、またも妨害をしてカケルとミサキを負傷させるが、怒りの杉探偵が割って入り、カケルのピンチヒッターを宣言。

 ……カバドスのマサカリホークをバットで撃ち返すという大健闘は見せましたが、基本的にリヤカーの後ろでバット振り回しながらロボタックに声援送っているだけなのは、一体どうしたかったのか。

 カバドスと足を入れ替えるなどして立ち向かうダークローチームだが、監視するゾウに数々の反則を咎められ、地雷原を走らされる羽目に。

 一番最初に爆発するのがロボタックの直近で、これ反則あんま関係ないのではないか。

 ロボタックが勝利し、ワンダーボックスからは丸ノコ風新アイテム、次のバッジは二つで争奪戦仕切り直しに。帰ったカケルたちが見たのは疲れて寝ている杉探偵の姿と、カケルに尊敬されるため怪盗逮捕に尽力するという決意の書かれた日誌、そしてカケルへの詫びの文章と直されたプレゼントだった。

 ……んー、作り手は杉探偵を、どういう程度の大人としておきたかったのか。なんだかんだ甥を想い、そのために怒れるだけの善良さは抱えているのですが、いかんせんダメな部分と善良な部分の差が大きすぎるので、そこまで印象よくなってくれないのですけど(^^;